カテゴリーマネジメント アクティブ・コンサルティング

カテゴリーマネジメント

Category Management

カテゴリーマネジメント
SONY DSC

日本でもカテゴリーマネジメントという用語はかなり定着してきており、小売チェーンの中にも 特定のメーカーをカテゴリーキャプテンに指名して、協同でカテゴリー単位の活性化に 取り組もうという姿勢が出てきております。

メーカーにカテゴリーマネジメントのノウハウは 不可欠であり、カテゴリーマネジメントで実績を高められるメーカーが優遇されています。

アクティブ・コンサルティングは、カテゴリーマネジメントの重要性に早くから着目しており、 POSデータの分析に基づく、棚割改善などについてのアドバイスを実施してきました。

→ お問合せはこちら

《 カテゴリーマネジメント  参考事例 》

『シャンプー・リンスのカテゴリーマネジメントの展開』

あるドラッグストアにおいて、シャンプー・リンスのカテゴリーマネジメントを実施 しました。シャンプー・リンスは新製品の発売品目が多いことが特徴です。

その結果、SKUが増大し過ぎて、 パワーアイテムやコアアイテムが目立たなくなり、買いにくい売場になっているのでは ないかという仮説のもとに、改善提案を立案しました。

モデル店舗を3店舗選定して 実験を行ったところ、すべての店で、目標とした売上高と交差比率が大幅に改善しました。 ただし、一部ではそれまでの主力商品の売上がややダウンするなど、改善によるひずみ も見られました。

更なる改善のために、その後もPOSデータを分析しながら、継続して修正をしていきました。