ブランド戦略 アクティブ・コンサルティング

ブランド戦略

Brand Strategy

ブランド戦略イメージ

日本のメーカーはコーポレートブランドのアピールには力を入れてきて、それなりに成果を あげてきたのですが、プロダクトブランドの育成は不十分であるというのが実態です。

チェーンストアの寡占化が進むと、NB対PBの図式が強まるのは必然です。NBを守り抜 くためには、強力なプロダクトブランドを育成することが重要です。

アクティブ・コンサルティングは、現状のブランドのポジショニング分析により、企業戦略とし ての ブランド体系を整理し、ブランド戦略策定および推進のアドバイスをいたします。

→ お問合せはこちら

《 ブランド戦略  参考事例 》

『製薬メーカーにおけるブランド戦略の展開』

製薬メーカーにおいて、セルフセレクションを中心に販売するブランドと、人による推奨で 販売するブランドを明確に分けて、前者はマスコミ宣伝を実施しました。

そして、後者はマスコミ宣伝を 実施せずに、接客による商品知識と推奨ノウハウの勉強会を中心にマーケティングを展開しました。

それにより、消費者に対しても それぞれのブランドのブランドイメージを狙い通りに、正確に伝えることができました。

その結果、マスコミ宣伝を 実施した製品は1品当たりの利益は低いが数量で稼ぎ、マスコミ宣伝を実施しない製品は 数量は少ないが1品当たりの利益で稼ぎ、両者とも狙い通りの成果をあげることができました。