メッセージ22

HOME  >  

 

メッセージ一覧  >  

メッセージ22

「ドラッグストア2010年決算でサンドラッグの強さが際立つ」

2010年5月

2010年3月期までの上場企業の決算数値が発表となりました。執筆段階では、決算期が5月の ツルハホールディングス、コスモス薬品が未発表ですが、それらを除いて主な数値を見てみ ましょう。まず、売上高順位は下記の通りです。

  • マツモトキヨシHD
  • スギHD
  • サンドラッグ
  • カワチ薬品
  • ココカラファインHD
  • 3,930億円(前年比 0.2%増)
  • 2,935億円(前年比 7.8%増)
  • 2,841億円(前年比22.2%増)
  • 2,323億円(前年比 0.7%減)
  • 1,909億円(前年比12.3%増)

カワチ薬品以外の企業は、新規出店とM&Aにより、かろうじて売上を伸ばしていますが、実際には 既存店の売上高は減少しています。その理由は、改正薬事法施行以降の異業態の攻勢、風邪薬および 花粉症対策商品の不振などです。

上記企業の営業利益は下記の通りです。

  • マツモトキヨシHD
  • スギHD
  • サンドラッグ
  • カワチ薬品
  • ココカラファインHD
  • 149億円(前年比 8.6%減)
  • 101億万円(前年比14.3%減)
  • 160億円(前年比7.9%増)
  •   74億円(前年比 4.9%減)
  •   33億円(前年比11.5%減)

同じく、上記企業の経常利益は下記の通りです。

  • マツモトキヨシHD
  • スギHD
  • サンドラッグ
  • カワチ薬品
  • ココカラファインHD
  • 169億円(前年比 6.3%減)
  • 123億円(前年比 9.7%減)
  • 165億円(前年比9.0%増)
  •   78億円(前年比 5.1%減)
  •   71億円(前年比 2.8%減)

営業利益、経常利益を見ると、サンドラッグ以外のすべての企業で減益となっています。きめ細かい作業管理により生産性の向上を 高めてローコスト経営を徹底しているサンドラッグの強さが際立ち、一人勝ちとなっている結果が読み取れます。

《メッセージ一覧へ戻る》

←メッセージ21へ

メッセージ23へ→


メッセージ22トップへ戻る▲